読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京で働くADHDデザイナーのライフログ

ADHDです。仕事にプライベートに電車の乗り継ぎに四苦八苦していますが、色々とがんばっています。同じADHDの方、デザイナーの方、そうでないけどがんばってる人、いろんな人にあるあるとちょっと使える情報を載せるブログにしたいです。

ご無沙汰しています

日常
全く放置しておりました…
何故かというと特に働いていなかったから。
後で色々書こうと思いますが、たまに覗いて下さる方がいらっしゃるようで、ありがとうございます。
よかったらたまにコメント頂けると嬉しいです。
今回はお礼の記事でした…。

会社辞めました!

仕事
仕事辞めました!
4月から出してたけど保留されてた退職届がなぜか9月に受理され、そっからはずーっと遊んでた。
とりあえず全てから逃げ出すために海外に高飛びして、毎日ヨーロッパの片田舎で酒を呑んだくれて、美術館に行って色々考えたりした。
溜め込んでた有給も代休もそれは素晴らしく長く、結局2ヶ月ほど遊び倒して貯金が尽きてきた頃に(金の計算が出来ないんですよ)あるアートディレクターからヒマならうちの会社に来ないか、と声を掛けてもらった。
前に安斎肇さんがテレビかなにかで『声を掛けてくれる人は大事にしなさい』と言っていたな、と思い出してそこに入れて貰うことにした。

安斎肇さん…イラストレーター、ソラミミスト。酷い遅刻癖と納期遅れの癖がある、でも愛されキャラな人。
多分同じadh…ごにょごにょがあるんじゃないかと疑ってる。
そして尊敬してる。

正直新しい会社は理想の会社とは違ったけど、ここにしてよかったと思う。
みんないい人で、前の会社に居たような会話の通じない馬鹿はいない。
仕事もやった事ない仕事とスキルが生かせそうな仕事が半々。
職場の雰囲気は緩くて、私みたいな性格でも上手くやっていけそう。
何より前職よりものんびりスケジュールで前職よりも有名案件が多い。
ていうか事務所自体が有名。

すごい、ここに呼ばれてよかった!
私は持ってる。

あと、念じるとうんこが出るという特殊能力を手に入れた。
すげー便利。

やっぱりだった。

仕事
アートディレクターさん、
何にもしてなかった…。

佐野研二郎が色々取り沙汰されていますが、
デザイン事務所ってのは

デザイナーが案出し
→アートディレクターが修正または助言
→デザイナーがそれを受けてブラッシュアップ

ルートか、

アートディレクターが案出し
→デザイナーがそれを受けて制作
→アートディレクターが口出し
→デザイナーが修正…。

の2つのルートが通常かと思われます。
自分で全部やる人も結構いるけど、
ビジネスだから効率悪いしあんまり賢いやり方とは思えない。

それにアートディレクターがなんでもかんでもやると
デザイナーが育たないからすぐ辞めていく。
すると残るのはど新人だけで、
やつらを教育するのは大変だし
アホも多いから事故が怖い。

他のデザイナーに案出しさせるのはどうなの、
という意見もあるかと思うが
結局選ぶのはアートディレクターだし
デザイナークラスだけじゃ仕事としての完成度はそうでもないんだよね。

アートディレクターとデザイナーの違いは仕上げまで行けるかどうか。
案だけなら新人だけでも出来る。
クォリティの高い仕上がりを維持するのはアートディレクターにしか出来ないこと。

新人は案を出して、
それをアートディレクターが
どう仕上げるのかを間近で見ながら
仕事を覚えて行くもので、
それすらやらせてくれない事務所はすぐ辞める。

多少でも優秀なデザイナーを雇いたいなら
花を持たせてやるのも必要だし、
アートディレクターの持ち味やテイストに近い奴を雇うから
仕上がりはさして変わらない。

むしろ事故を防ぎたいなら
案出しもバンバンするような
アートディレクターとデザイナーの中間クラスの奴を雇うべき。

佐野さんの擁護じゃないよ、
あの人問題起こしたの今回だけじゃないし、
サントリーは出禁でしょ。
他にもあるよね出禁のとこ。

それにあのロゴはパクり云々を別にしても、
お通夜にしかならないから撤回した方がいい。
これは選んだ奴が馬鹿なんだけど。

そんな訳で私は
デザイナーが案出し→アートディレクターが口出し
パターンの会社で働いている。

そしてそれはそれは手を動かさない
アートディレクターの下で、
アホの部下を教育しながら仕事をしていて
とっても大変ってことが言いたかった。

悔しいのはアートディレクターが3時間手を動かすと、
私の3日分が吹き飛ぶくらい仕上がりがよくなること。
もっと頑張らなくちゃ、と思いながらいいようにこき使われている。

夏休みを取ったよ!(3年ぶり)

仕事
久しぶりにお休みした。
アートディレクターに「休みなさい、色々やってるけど回ってない。」と言われたからだ。
もう疲れてあんまり頭が回っていないのは分かっていたが、
それでもやった方が休むよりいくらかましだと思っていた。
ここ4日程?休んでみて、彼の言うことの意味がよく分かった。

回っていない。

今までは「私生活は無いもの、仕事か寝るか。
それだけはさすがにきついから酒を飲む(それも仕事しながらか帰宅中の電車で)」
こんな感じ。
プライベートも大事、とか言う同僚が大嫌いだったし
なんか仕事出来ない言い訳みたいで嫌だった。
人よりたくさん仕事をして出世したかったし、
実際結果も出せた。

でもそんな生活が3年。
大分くたびれたな…そして病んでいるな、とは自分でも思う所があった。

アートディレクターの「休みの間に俺がパパッとやっといてやるよ!」
という言葉を信用してついに休みをとった。

4日間で自宅の掃除をし、たっぷり寝て友達にも会った。
漫画喫茶で「この漫画がすごい!」特集コーナーにあった話題の漫画を全部読んで、
思う存分ネットサーフィンをして散歩と買い物、料理もした。

そこで思ったこと。

自宅って良いね!
自宅というより家事や、散歩や、友人と話す人間らしい時間。
これがプライベートってやつか…!

きっとアートディレクターが言いたかったのはこれなんだ。

「プライベートを大事にするのは逃げではなく、
仕事の質を高め、より仕事への執着を強くする」

あれ?違うかも…w

でも休むともっと仕事したくなるね、
ワーカホリックなのかもしれないけど
この仕事は好きなんだ。

さて休みも取ったし、
今日は6時に起きて掃除をして朝食を作ってコーヒー飲みながら出勤出来た。
なんて優雅な朝なんだ。
出来る会社員みたいじゃないか。

後はアートディレクターが仕事をしてくれているのを祈るのみだ。
データが上がっていなくて今震えながらこのブログ書いてる。


出勤中。

仕事
出勤中。
始発に乗って。
最近こんなことが良くある。

前日21:00。クライアントから修正連絡がくる。

明日朝8:30からプレゼンだから、
それまでに修正してくれる?
7:30にチェックするから、その時に修正も対応して。

はい、承知しました…が、
クライアントは11:00には寝てしまう。
2時間で2回修正の出し戻しをして、終わり。
終電まで残りの細かいところを直して、帰宅。
1:20くらいかな?
そこから2:30には寝て、4:30過ぎに起きる。
そして今ここ。
おはようございます。

クライアントが会議やらなんやらで連絡来なくなる2:00前後、会社の床で2時間寝てまた仕事。

よく続くなぁ、と自分でもびっくりする。
正直これでなんとかなるのは
面白い案件で、クライアントがいい人だから、だと思う。
仕事なんだけど、仕事だけどさ。
それだけじゃ持たないからねぇ。

仕事がつらい。

仕事がつらくなってきた。
新人教育、
案件の引き継ぎ、
無能過ぎるプロデューサーの仕事チェック(提出書類の文字チェックまで!)、
仕事を振った人の内容チェック、
進行管理、
クライアント対応、
新卒プロデューサーの予定と進行管理、
社内調整、
外部カメラマンやスタイリストの進行管理と請求書管理、
CFとの打ち合わせ、
キャラクターの版権管理、
Webの撮影内容チェック、
外部デザイナーの予定管理、
クライアントの企画内容チェック…。

まだまだあるけどこんな感じ。
とにかくチェックと進行管理が多い。
この上デザインと案出し。

…無理だよー出来ないよー私ADHDなんだよ⁈
誰にも公表してないけど。

一緒に仕事してくれる人はいない。
誰かに仕事を部分的に振れば、
その人の進行管理の仕事が増える。
デザインイメージを伝えて、
期日までに作って貰って、
赤字入れて、
やり直しして貰って、
それでもダメなら自分でやる。

…自分でやるんかーい!

これさ、単に進行管理の仕事増やした挙句に
デザインの時間減らしただけだよね?

画像検索もまともに出来ない部下、
デザインの抜けが多い同僚。

画像はこう検索するんだよ、
デザインはこのラフ通りに…。
画像は日本の公園の景色にしてね、
これは外国の公園に見えるよ?
違いが分かんないって?
こんな「この木何の木」みたいな巨大な木が生えてる公園、日本で見たことある?どこよ?見たことない?じゃあ日本の一般的な公園じゃないよね、分かる?

ここの文字は行間が開きすぎてるから文字詰めしてね、
え、文字詰めの仕方知らないの?
えーとalt+矢印でね…。
え、知ってる?だよね、じゃーなんで文字を一個一個バラバラにしてるの?
そのやり方困るから、今言った方法でやって。分かんない?だよね、教えるね。…メモ取らなくて大丈夫?

1日中こんな感じ。
誰か助けて。マジで。

おはようございます。

仕事
ただいま12:31。
今起きました。
始業時間は10:00。

やっべー
こういったことはよくあります。
むしろ週3くらい?
起きられない。

仕事が忙しくて普通の生活リズムがないのが原因でしょうね。
あとなんとかなるし。
部下はきっと困ってると思うけど。

仕方ないので荷物まとめて会社に行きます。
きっと今日と明日は泊まりだろうし、
少し休暇を貰ったと思うことにします…。